いざという時に売却できるジュエリー

私は昔、安いメッキのアクセサリーやフェイクパールのネックレスなどを好んで身に着けていた時期もありますが、現在は基本的に18金のアクセサリーしか身に着けません。

 

服に合わせてアクセサリーをとっかえひっかえするタイプではないので、いつも同じものを着けています。一種のお守りのような感じですね。

 

母から譲ってもらった18金のダイヤリング(もともとは祖母のものでした)、やはり母からプレゼントされたイニシャル入りの18金のスキンネックレス、これまた母から16歳の誕生日に贈られた18金の細いチェーン状のブレスレットをいつも身に着けています。

貴金属の高価買取店※ゴールド・シルバーなどが高く売れる買い取り業者

 

ピアスは着ける時と着けない時がありますが、着ける場合はやはり母や、昔お付き合いしていた方に贈られた18金の耳たぶにぴったりと付くタイプのピアスを装着します。

 

このような感じでアクセサリーを贈られる機会が多かったため、自分で購入することはほとんどありません。唯一自分で購入したのは、数年前にニューヨークのティファニー本店で購入した18金のピアス(アトラスという、数字が刻印されたシリーズ)です。

 

価格はうろ覚えですが、700ドルほどだったと記憶しています。私にとってのアクセサリーは、ただ単に身を飾るためだけのものではなく、いざという時に地金として売却することができる、一種の資産としての役割も兼ね備えています。

 

したがって、売却する時のことを考えて、色石が使われているものよりも、地金部分の多いものを選択します。日本は地震が多い国ですので、いざという時に身に着けて逃げることができるアクセサリーは必要不可欠だと考えています。

 

インドでは上流階級の女性が同じような理由でありったけの金の貴金属を身に着ける習慣がありますが、それと似ている気がしますね。

 

使わなくなった貴金属
 

使わなくなったジュエリーなどの貴金属は、資産価値があると思われるものや、将来的に娘に譲ることができると思われるものは大切に保存しておきますが、18金でもたいして思い入れのないものは売却して現金に換えるようにしています。

 

使っていない物をいつまでも大切に保管していても、結局はそのまま使わないまま、って事がほとんどですからね。それなら、売れる時に少しでも高く買い取ってもらうのが一番いい方法だ思います。

 

そして、そのお金でまた新しく欲しいジュエリー類を購入するのがイイですからね(^^)/

 

20代の頃に使っていたシルバーやプラチナのアクセサリーは、単純に「似合わない」という理由で、すべて売却しましたよ。これが思っていた以上の金額で売れてビックリしましたね。

 

ゴールドや銀、プラチナなどはブランド品のバッグや財布などと比べても、買い取り額が落ちにくいと思うので、使っていないジュエリーがある場合は無料の買取査定に出してみるのがお勧めですよ(^^♪

 

 

 

 

貴金属・ジュエリーの高価買取店 RINKAN

 

貴金属などのジュエリー類を売りたいのであれば、高価買取店の「RINKAN リンカン」の買取査定に出してみるのがいいですよ。

リンカン

 

リンカンは東京・大阪などに計5店舗あるんですが、お店に行かなくても買取してもらう事が可能です。

 

というのも、郵送買取が可能となっていて、商品を郵送して査定額を出してもらう事が出来るんです。もちろん商品を送る際の送料は無料ですよ。

 

肝心の買い取り額なんですが、他の買取店と比べても査定額が高いような気がします。私が調べた中では1番でしたね(*^^)v

 

何よりも、自宅にいながら査定してもらえるというのが便利です。査定額に満足できたら、そのまま買取してもらえ口座にお金を振り込んでくれますしね。

 

万が一納得できなかった場合は、当然キャンセルも可能で、商品の返送費用も不要となっていますよ。

 

なので、ちょっと使っていないジュエリーがある、なんて時は気軽に利用することが出来て便利です。複数点の査定も可能なので、自宅で使っていない物があるのであれば、無料で査定してもらうのがいいですよ(^^)/

 

 

≫リンカンの買取査定申込みはこちら

 

 

買い取り対応地域

 

北海道地方: 北海道
東北地方: 青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県
関東地方: 茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都(新宿区、中央区、港区、千代田区、文京区、世田谷区、墨田区、江東区、大田区、目黒区、品川区、台東区、渋谷区、杉並区、板橋区、豊島区、北区、荒川区、中野区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区)・神奈川県
中部地方: 新潟県・富山県・石川県・福井県・山梨県・長野県・岐阜県・静岡県・愛知県
近畿地方: 三重県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県
中国地方: 鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県
四国地方: 徳島県・香川県・愛媛県・高知県
九州地方: 福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県
沖縄地方: 沖縄県

 

 

私が愛用しているジュエリー

さりげないゴージャスさが好き

あまり貴金属には縁のないわたしですが、一つだけ、18金の指輪を持っています。

 

とはいっても誰かからのプレゼントではなく、独身時代にひやかすつもりで入ったお店で見つけていたく気に入ってしまって、数ヶ月間無理をしてお金を貯め、自分で買ったものです。

 

若くてお金のなかった当時はドキドキしてしまうような値段でしたが、5万弱くらいのものだったので、貴金属としてはさほど値が張るものではなかったように思います。

 

とてもシンプルなデザインで、細い金の波が指に巻きつくような繊細なつくりが気に入っています。
わたしの職場はアクセサリーもある程度は自由なのですが、素材が金ということで潰してしまうかもしれないと思うと怖くて、滅多に身につけることができないのだけが残念です。

 

わたしが好きになるアクセサリーのデザインは、どれもとても華奢なものです。
ガサツなもので、扱いがぞんざいであるにもかかわらず、そういう繊細なものを選んでは壊してしまうということが多々ありました。

 

出先でなくしてしまって、家に帰ってきて泣くということもありました。

 

そういう体験を積み重ねて、今では「貴金属なんて滅相もない!」という感じですが、独身時代に買ったこの指輪だけは、今でも大切に、目立った傷もなく保管できています。

 

これから先、もしも誰かにプレゼントしてもらえることがあるとしたら、壊す可能性もなくす可能性も低いピアスなどの小物か、ブローチをおねだりしたいなあと思います。

 

そしてやっぱり、デザインは華奢で繊細なものを選びたいと思います。

 

いかにも貴金属です!と言わんばかりの派手派手しい存在感が苦手なので、さりげなくゴージャスなデザインには相変わらず惹かれてしまいます。

 

主人からプレゼントしてもらったアクセサリー

もともと、自分で買いたいと思うほどアクセサリーに興味がありませんでした。
それでも、アクセサリーをプレゼントされると、やはり嬉しいもので、大事に保管しております。

 

今、持っているのは独身時代にもらった4℃のダイヤの一粒ピアス、こちらは40000円ほどでした。
あとは、18Kホワイトゴールドのダイヤでハートモチーフがついたリングです。これは60000円でした。

 

クリスマスと誕生日にプレゼントしてもらったものです。
どちらもお気に入りですが、リングのほうはハートモチーフになっているため、アラフォーの今ではちょっと子供っぽいかなと感じてしまいます。

 

もっとシンプルなデザインのほうが、使い用途があったかもしれません。
一粒ピアスはどんな時でも使えるので、入園式や七五三などフォーマルな場でも違和感なく使えて便利です。

 

結婚指輪はプラチナで80000円ほどでした。
本当にシンプルなリングで小さいダイヤが一つだけ埋め込まれています。

 

アレルギーとは診断されていませんが、私はアクセサリーを長くし続けていると痒くなってしまうので今は引き出しに保管しています。

 

妊娠中は手のむくみがひどかったので、ずっと外しており産後もそのまま引き続きという感じです。
太ったのかむくみなのか、前よりサイズがきつく感じるようになったので、つけるのが嫌になってきました。

 

結婚指輪はプラチナと大きめの一粒ダイヤが付いているもので260000円でした。
立てづめは、後々使いづらいと聞いていたので柔らかなカーブのデザインのなかにダイヤが入っているというようなシンプルでカジュアルスタイルにも合うようなリングです。

 

どんな時にも使えるのでとても便利ですが、ダイヤが大きいのでちょっと目立ったり反感買いそうで
女友達と一緒の時は使いません。

 

今欲しいのは、エタニティリングです。
こちらは小さめのダイヤがたくさんなので嫌みなく使えそうで素敵だと思います。

 

普段使いに是非欲しいリングです。

更新履歴